医療福祉相談室

医療ソーシャルワーカー(MSW)

医療ソーシャルワーカー(MSW)は病気やケガなどから生じる生活上の問題について、適切な社会資源を提供し利用することなどで、早期に問題解決できるよう支援(ソーシャルワーク)をしています。保健・医療の分野において社会福祉を基盤として相談援助業務を行う職種です。 病院内では医師、看護師、リハビリテーションスタッフをはじめとする専門職との連携を行い、病院外では他の医療機関や公的な機関、介護施設、ケアマネージャーなどの関係機関・関係者と連携していく体制をつくり、患者さん、ご家族の方を社会的に支援していくよう働きかけていきます。

医療福祉相談室

当院では病気によって生じる生活上の様々な問題や患者さん、ご家族の不安や心配事に対して医療ソーシャルワーカー(相談員)が社会福祉の立場から相談をお受けして問題解決のお手伝いをしています。ご相談内容については秘密厳守いたします。相談料は無料です。お気軽にご相談ください。

たとえばこんなときにご相談ください

  • 医療費、生活費が心配なとき
  • 療養上の心配があるとき
  • 各種福祉制度を利用するとき
  • 身体障害者手帳、難病医療、障害者年金等の各種年金、透析導入後の制度利用
  • 介護保険、成年後見制度、権利擁護等相談について
  • 受診、入院、在宅療養に不安のあるとき
  • 退院後の生活が心配なとき
  • 家庭内で介護しきれないとき
  • 在宅サービス(訪問看護、ヘルパー)を利用するとき
  • 転院のための医療機関(長期療養型病院、リハビリ病院等)、退院後の社会福祉施設(老人ホーム、介護老人保健施設、身体障害者施設等)を探すとき
  • アルコールや薬物問題があって心配なとき
  • 障がい者になったために住宅改造が必要なとき
  • ターミナルケア(緩和ケア)を在宅で行おうとするとき
  • 往診医、看護師、保健師の訪問が必要なとき
  • 社会復帰・就労に不安があるとき
  • その他ご家族・患者様の悩み・不安などについて

開室時間

平日9:00~17:00/土曜日9:00~13:00

*ご相談をご希望される方はご来室、お電話等で相談員に直接面談予約を入れてくださいますようお願いします。
*電話相談も承ります。また、場合によっては病室、家庭訪問も行います。通院中の方のご相談もお受けします。
*開室時間内に相談室をお訪ねになった際、相談員不在の折には1階入退院窓口までお問合せください。

リハビリ入院の手続き

東京脳神経センター病院では回復期リハビリテーションを行うことを目的とした方の入院のご相談をお受けしております。入院の対象となるのは、身体に機能障害があり積極的なリハビリテーション医療を専門的に行う必要のある方です。森山記念病院、東京脳神経センター病院では長期療養目的での入院のご相談は基本的に受けておりません。入院期間は患者様の状況により異なります。リハビリ入院相談の場合は医療ソーシャルワーカー(MSW)が相談窓口となります。

入院申込・決定までの流れ

まず先方病院のMSWから当院のMSWまでお電話にてご連絡ください。患者さんのご担当医、ご家族からのご相談もお受けしています。先方病院MSWから患者さんのご様子を詳しくお伺いいたします。必要に応じて患者さんのご担当医、ご家族からも必要内容事項を伺います。診療情報提供書などの必要書類を頂きます。

患者さんが当院入院のお受け入れ可能かどうか、症状、リハビリテーションの必要性、社会的な部分も含めて総合的に検討させていただききます。

入院審査の結果、お受け入れ可能となった患者さんは、入院待機者となります。結果は先方病院MSWなどへご連絡いたします。待機期間はベッドの空き状況、患者さんの状態などにより異なります。

入院日が決定次第、入院日時を先方MSW、ご家族にお知らせいたします。(時期によっては急に入院日が決まることがあります。)