院長挨拶

2016年8月1日に開院する東京脳神経センター病院の院長を拝命した、堀です。

当院は慢性期脳神経疾患及び回復期リハビリを中心とした病院です。 東京オリンピックを4年後に控え、脳神経疾患の治療に際し、国際的にも一流レベルの医療を提供するために開設されました。  私は鳥取大学、東京女子医科大学の主任教授を約25年勤めた後、 旧森山記念病院、新百合ケ丘総合病院の名誉院長を経験した後に当院に赴任しました。 当院にてスクリーニングを行い、手術的治療が必要な場合には、手術用顕微鏡や内視鏡を駆使して高度な治療を行い、必要があればサイバーナイフ、超音波集束装置を用いた非侵襲的な治療を新百合ケ丘総合病院にて行います。 また脳の悪性腫瘍の手術を行った後に患者さんが希望されれば、国立がんセンター(成田部長との提携)に転院していただくことも可能です。

私のライフワークの一つはてんかんの外科治療(てんかん学会専門医、指導医、てんかん学会名誉会員)です。 最近では非侵襲的な超音波集束機による治療も始めており、 この分野では世界のトップランナーを自負しています。

また、最近の高齢者の増加に伴う認知症の増加は著しいものがありますが、当院では脳の健康チエック(物忘れドック)を行い、早期の物忘れの段階で軽度認知障害を発見し、 サプリメントを中心とした認知症予防治療を進めております(認知症学会専門医、指導医、専門医指導施設)。

震え、書痙、パーキンソン病などによる機能の障害には、薬剤による治療の他、超音波集束機による治療を進めます。

三叉神経痛では微小血管減圧術の他に、高齢者などでは高周波電気治療にも長年の実績があります。 顔面痙攣でも微小血管減圧術はもちろん、ボトックスによる治療実績もあります(ボトックス治療学会顧問)。 また脳性麻痺や脳血管障害後の痙縮に関しては、 ボトックスは勿論のこと、 神経縮小術、後根切断術、バクロフェンポンプ埋設、DREZtomyなどすべての治療に対応可能です。

頭痛専門医(私他)による頭痛外来、 pain clinic (疼痛学会名誉会員)も当院で開設し、脊椎疾患による痛みの治療や手術治療も可能です。

東京女子医大では毎年1000例近くの手術治療を経験して来ましたが、引退後も全国から治療不可能と言われた手術症例がインターネットや医療関係者の紹介で私を訪ねて来られ、 今まで見たこともなかったような巨大な深部に位置する症例を手術する機会に恵まれ、良好な治療結果を得てきました。 戦略的に困難な脳腫瘍の治療に関しても最近外国の本の1章に論文を出しておりますが、 2016年福岡で行われる脳神経外科総会では脳幹部グリオーマ手術への挑戦と題したシンポジウムに演題が採用され今秋発表予定です。 血管障害についても脳幹部海綿状血管腫手術症例は本邦でトップレベルの他、血管内治療を始め未破裂脳動脈瘤の治療も積極的に進めており、 必要あれば術後リハビリが可能です。以上、 諸外国を含めた全国からの脳神経疾患の患者さんをお待ちしております(記2016年7月)。

東京脳神経センター病院
 院長 堀智勝