顔面痙攣専門外来 | 診療科・部門紹介

顔面痙攣専門外来の特徴

顔面痙攣の原因は、顔面神経と小脳動脈との接触によるものとされ、緊張やストレス、血圧上昇などとの関連も無視は出来ません。 症状は、瞼が痙攣する、口や頬の筋肉まで痙攣する等症状は様々です。顔面けいれんは手術による圧迫血管の減圧術が有効ですが、短期間顔面けいれんを抑えるにはボトックス治療が有効です。当院ではボトックス治療、投薬による治療を行っております。

ページ上部へ戻る

診療日について

堀院長の外来日に行っております。診察の際、お申し出下さい。
診察日:毎週水曜日、金曜日

ページ上部へ戻る

医師紹介

  • 堀 智勝
    堀 智勝
    役職 森山脳神経センター院長
    学歴 昭和43年 東京大学医学部 卒
    経歴 虎の門病院 脳神経外科
    東京大学医学部附属病院 脳神経外科
    東京警察病院 脳神経外科
    昭和48年 東京大学医学部附属病院 助手
    昭和52年 東京都立駒込病院外科 医長
    昭和56年 鳥取大学医学部鳥取大学医学部付属脳幹性疾患研究施設脳神経外科部門 助教授、昭和59年 教授
    昭和60年 鳥取大学医学部鳥取大学医学部付属脳幹性疾患研究施設 施設長、鳥取大学医学部鳥取大学医学部付属病院 材料部長・手術部長
    平成10年 東京女子医科大学脳神経センター脳神経外科学主任教授
    平成20年 脳神経センター長
    平成21年 森山記念病院 名誉院長、東京女子医科大学非常勤嘱託(外来診療)
    資格 日本脳神経外科学会専門医/日本てんかん学会専門医/日本頭痛学会専門医/日本脳卒中学会専門医/日本認知症学会専門医・指導医
    /日本神経内視鏡学会専門医/日本リハビリテーション医学会認定臨床医/東京女子医科大学脳神経センター脳神経外科学主任教授/その他多数