TOP

大腸・肛門外科 診療科案内

大腸・肛門外科 肛門診療について

成人の2人に1人は痔の症状があるといわれるほど、痔で悩んでいる人は多いです。
肛門の病気は恥ずかしいという思いから我慢しがちですが、肛門の病気は良性疾患が多く、適切に治療すれば治ります。
肛門の病気は、内痔核、裂肛、痔瘻が主なものです。肛門科を受診される方の85%はこの3つの疾患です。
その他、直腸脱や膿皮症、毛巣洞、肛門括約筋不全、肛門腫瘍、疣贅、肛門ヘルペスなど不快感や痛みを伴い、生活にも支障をきたす疾患があります。
痔瘻、肛門周囲膿瘍は正確な診断が極めて大事ですので、指診に加え、肛門超音波検査を行います。深い痔瘻にはMRI検査も行います。
超音波検査は空間分解能が高く痔瘻を正確に描出することができます。プローブを挿入しますが、はげしい苦痛はありませんので安心して検査を受けてください。
消化管疾患(胃、大腸疾患)についても、多くの方を診察、治療してきました。
大腸がんだけでなく、潰瘍性大腸炎、クローン病などの炎症性腸疾患、虚血性腸炎、憩室出血などの良性疾患も多くなってきました。また、ストレスの多い社会背景を反映し、過敏性腸症候群などの機能的な異常症、胃潰瘍、十二指腸潰瘍も多いです。
それらの疾患を診るにあたり消化器内視鏡検査は必須の検査です。
当科では、大腸内視鏡検査は専門医が検査を行っております。また、胃内視鏡検査においても鎮静剤を使用し苦痛のない検査を心掛けております。
症状がある方だけでなく、胃がん検診、大腸がん検診で2次検査が必要な方もぜひ受診してください。

医師紹介

金島研大

    • 役職:
    • 大腸肛門外科医員
    • 経歴:
    • 東海大学医学部卒
      東京女子医大第2外科、朝霞台中央総合病院(現、TMGあさか医療センター)で消化器外科医として活躍
      東葛辻仲病院で大腸肛門外科、消化器内視鏡の修練を積み、2019年4月より森山記念病院 大腸肛門外科に就任
      2020年4月より森山脳神経センター病院 大腸・肛門外科に就任
    • 資格:
    • 日本外科学会専門医
      日本消化器内視鏡専門医
      日本消化器病学会専門医
      日本消化管学会胃腸科専門医